こんにちは!長野県長野市に拠点を構え、長野県の各地で、河川工事などの土木工事のほか、住宅の外壁塗装・屋根塗装などの塗装工事を手がける、合同会社トータルプランニングです。
河川工事は、堤防を整備し、水害などを防ぐために行います。
今回は、災害から暮らしを守るための河川工事についてご紹介いたします。

堤防を流水の浸食から防ぐ「護岸工事」


台風や大雨などが起こると、河川の流水量が増加します。
流水量が増加すると、流水の勢いにより、川岸が削られてしまいます。
水の力は凄まじく、流水の力により川岸が浸食され、堤防が決壊してしまいかねません。
「護岸工事」では、流水による浸食を防ぐため、川岸をコンクリートや鋼鉄で補強する作業を行います。
コンクリートや鋼鉄ならば、浸食の影響を受けなくなり、丈夫な川岸を造ることができます。

河川の氾濫から暮らしを守る「堤防工事」

近年の豪雨被害により、河川の氾濫による洪水が多発しています。
危険水位を超えて、堤防からあふれた川の水が市街地に流れ出した場合には、インフラや住宅の破壊だけでなく、人命を危険にさらしてしまうでしょう。
そういった被害を防ぐため、堤防を高く頑丈にする「堤防工事」が行われます。
堤防工事では、盛り土のほか、コンクリートや鉄板で補強して、洪水が起きない強い堤防をつくります。

「砂防ダム」の建設

大雨が発生した際、気をつけるべきものは水害だけではありません。
上流から川の水と一緒に、土砂が流れてくる場合があります。
土砂が大量に流れてくれば、土砂災害の危険が起こるほか、下流に土砂がたまることで川底が底上げされ、水位が浅くなってしまうという可能性があるのです。
そういった危険がある場合は、「砂防ダム」を建設します。
砂防ダムは、河川に土砂の受け皿をつくり、土砂を堰き止めます。
土砂災害や土砂による水害を防ぐために、砂防ダムは必要なのです。

【求人】トータルプランニングでは新規スタッフを募集中!


ただいま弊社では、河川工事などの土木工事や塗装工事の現場スタッフを募集しております。
河川工事は、災害防止につながる重要な工事です。
河川の護岸工事や堤防工事など、暮らしを守る技術を身につけ、土木工事で活躍しませんか。
経験不問ですので、未経験者も大歓迎です。
未経験の方は、先輩スタッフが丁寧に指導いたしますのでご安心ください。
弊社求人にご興味がある方は、ぜひご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


屋根塗装・外壁塗装は長野市の合同会社トータルプランニングへ!
ただいま長野市で塗装工・新規スタッフを求人中です!
〒381-2242 長野県長野市青木島町青木島乙148-2グリーンタウンC-1
TEL:026-291-0920
FAX:026-291-0921
携帯電話:080-1706-2469