こんにちは!長野県長野市を拠点に、外壁塗装や屋根塗装などの塗装工事のほか、道路工事や河川工事などの土木工事の施工を手がける、合同会社トータルプランニングです。
土木工事において、道路の開設工事は、生活に欠かせないインフラをつくる、重要な工事です。
今回は道路開設工事に携わる上で、必要な資格や身につけておきたい技術についてご紹介いたします。

土木施工管理技士


「土木施工管理技士」は、土木工事に関する国家資格で、道路開設工事の施工を管理する上で重要なものです。
この資格を取得すれば、施工計画書の作成などの現場の施工管理に携わることができます。
受験資格は学歴により異なり、高卒の場合ですと、2級は実務経験4年6ヵ月以上、1級は実務経験11年6ヵ月以上必要です。
1級においては、指導監督する立場での1年以上の実務経験というものも含まれます。
大変難しい試験になりますが、土木施工管理技士を取得すれば、土木工事全般で役に立つものになるでしょう。

CADオペレーター

道路開設工事に携わるときに、必須ではないものの、身につけていれば役に立つスキルが「CAD」です。
CADオペレーターは、土木工事の現場では非常にニーズが高く、重宝されます。
設計図を描くCADですが、設計は設計士が行いますので、CADオペレーターは図面の清書や修正などを担当します。
CADのスキルは土木工事のみならず、さまざまな分野で活躍しますので、身につけていれば非常に有利です。

重機の資格

道路開設工事では、道路をつくり整備するために、さまざまな重機を使用します。
中でも代表的なものが、「締固め用機械(ロードローラー)」です。
大きなローラーで、アスファルトを踏み固めているのをよく目にしますが、もちろん運転には資格が必要です。
「締固め用機械(ローラー)の運転特別教育」という専門の資格で、事業者または指定の教習所での講習の受講で取得できます。
重量の制限はなく、さまざまなタイプの締固め用機械を操作することが可能です。

【求人】トータルプランニングでは新規スタッフを募集中!


弊社では、道路工事などの土木工事に携わってくださるスタッフを募集中です。
道路の開設や延長、舗装、修復など、暮らしに関わるインフラ整備の仕事をしてみませんか。
また塗装工事の業務も行っており、経験者・未経験者問わず歓迎いたします。
未経験の方は、先輩スタッフが丁寧に指導いたしますので、安心して業務にあたっていただけます。
土木工事や塗装工事にご興味がある方は、ぜひ弊社求人にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


屋根塗装・外壁塗装は長野市の合同会社トータルプランニングへ!
ただいま長野市で塗装工・新規スタッフを求人中です!
〒381-2242 長野県長野市青木島町青木島乙148-2グリーンタウンC-1
TEL:026-291-0920
FAX:026-291-0921
携帯電話:080-1706-2469